まちタクシーです。

先日、サンフランシスコから来られたお客さんに、面白い話を聞きました。
タクシーに取って代わる、新しいサービスがどんどん広がっているそうです。

それは、Uber(ウーバー)という会社のサービスで、スマホのアプリで車をよべるそうです。

アプリを起動すると地図が表示され、近くにいる車と、そのドライバー、お客からの評価が表示され、好きな車を選べます。

お迎えに来る途中も、どこにその車がいるか随時表示され、到着するとメールが届きます。

到着した車にすぐ乗っても良いし、必要であればドライバーに電話やメールもできます。

目的地に着いた後は、料金はUberによって計算され、クレジットカードに自動的に課金されます。
ウェブサイトによると、チップも要らないそうで、ドライバーとの料金のやり取りは一切ありません。

乗った後は、お客はドライバーの評価をアプリを通して書き込めます。
また、ドライバーもお客の評価を書き込むことが出来ます。

ちなみに、ドライバーは、登録すれば誰でもなれるそうです。
車は、自分の持っている車(自家用)を使います。

日本では考えられないサービスです。
しかし現在、20カ国、50以上の都市でサービスを既に行っていて、拡大中とのこと。

そのお客さんによると、既存のタクシーはドライバーの程度も悪いし車も汚いので、どんどんUberに取って代わられるだろうとのこと。

私なりに調べてみました。
ロサンゼルスでは市当局からサービスを中止するように要請が出ているにもかかわらず、続けていくとのこと。
ちなみに、Uberの他にLyftと、Sidecarという会社にも同様の要請が出ています。


ソース:ロサンゼルスタイムズ(英語)


料金はしかし、通常のタクシーよりも高いみたいです。

シンガポールや台北にも進出しているようです。
TPPが結ばれると、こんなサービスも進出して来るんではないかと、心配ですね。


参考: UberのHP(英語):Uber.com
ウィキペディアのUberの記事(英語):Uber at wiki

______________________

*****************************************************
「まちタクシー」のインフォメーションprivatetour-kyoto.com
まちタクシーの英語ブログ KYOTO RESTAURANT GUIDE
お問い合わせ・ご予約は、 taka@privatetour-kyoto.com
*****************************************************