まちタクシーです。

拝観受付を済ませ、いよいよ金閣とご対面です。

多くの人がカメラを持ってベストアングルの写真を撮ろうとせめぎあいでした。
なんとか写真を撮ったのがこの一枚。
IMG_2552

正式名称は「金閣舎利殿」。
「舎利」という、お釈迦様のお骨を収めるための建物、という意味です。

3層構造で、屋根の上には金色に輝く鳳凰が見えます。
1950年に放火で焼けましたが、不死鳥のようによみがえりました。

金閣の手前にある、一番大きな島は「葦原島(あしはらじま)」といい、日本をあらわしているとのこと。
IMG_2553

ちなみにこの庭は「池泉舟遊式庭園(ちせんせんゆうしきていえん)」。
池の上に浮かべた船上からの景色が美しくなるように設計されています。
金閣寺一階の左手に少し突き出た部分がありますが、そこから舟に乗り込んだのですね。

我々一般の観光客は、船上も、金閣の中にも入ることはできません。

2005年には、ジョージ・ブッシュさん(当時のアメリカ大統領)が中に入られました。
当時総理大臣だった小泉純一郎さんとブッシュさんが一緒に金閣の中に入っている映像がニュースでながれていました。


ここから順路に沿って、金閣寺に向かって右手のほうへ回り込んでいきます。

右手方丈を過ぎたところに、右に折れる小道があります。
ここを入ると、大きな五葉の松があります。

舟の形をしています。
IMG_2556

これは、足利義満の盆栽だった松を、義満の死後ここに植え替えたもので、樹齢約600年。
この松は、足利将軍からジョージ・ブッシュまで見続けてきたんですね。


つづきます。


ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
*****************************************************
「まちタクシー」のインフォメーションprivatetour-kyoto.com
まちタクシーの英語ブログ KYOTO RESTAURANT GUIDE
お問い合わせ・ご予約は、 taka@privatetour-kyoto.com
*****************************************************