まちタクシーです。

今回から、数回にわたり金閣寺を紹介していきたいと思います。
例によって、あまり難しい歴史的背景や創建などは置いておき、見たままで紹介していきます。

写真は2014年の1月19日、(日)に撮ったものです。

当日は夜半に降った雪で雪景色となりました。

雪が積もると、金閣寺には「雪の金閣」を見ようと大勢の方が訪れます。
今回は日曜日とあって、なかなか凄い人手でした。

参道を入って、途中から振り返ったところ。
IMG_2544

ここは普段は苔に覆われた緑の地面ですが、見事に白く染まりました。

中門を過ぎると、左手に鐘楼があります。

撞いている人がいますね。
BlogPaint
 
こちらでは、一撞き200円で鐘をつくことができます。
ただ、毎日やっているわけではありません。やってたらラッキー、ぐらいに思ってください。
IMG_2545

撞いたら幸せになれるかな?


そのまままっすぐ進むと、正面に勅使門。左手に拝観券売り場。右手には庫裏(くり)があります。
庫裏とは、お寺の台所の事ですが、ここ金閣寺では、現在は写経場として使用されています。
IMG_2547

木製の大きな樽と桶がつんであります。
IMG_2548

台所は火を使う場所なので、防火用水を準備していたんですね。

庫裏の玄関先に立って、上を見上げると、立派な鬼瓦が見えます。

ここの鬼瓦、目の部分がシースルーなんですよ。
IMG_2549

目の部分を通して青空が見えます。この写真で分かるでしょうか?


つづきます。


ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
*****************************************************
「まちタクシー」のインフォメーションprivatetour-kyoto.com
まちタクシーの英語ブログ KYOTO RESTAURANT GUIDE
お問い合わせ・ご予約は、 taka@privatetour-kyoto.com
*****************************************************