まちタクシーです。

英オックスフォード辞典は、2013年の代表する言葉として、"selfie"(セルフィー)を選出しました。

英語圏での、今年の流行語大賞と言っていいと思います。
ソース: ITメディアニュース

この、"selfie" とは、自分撮りの写真のこと。
最近は観光地でも、"selfie" を撮っている人をよく見かけます。
selfie-with-phone-200x200
写真:http://hobbiesonabudget.com/2013/12/03/4-tips-better-selfie/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=4-tips-better-selfieより


先日、イギリス人のお客さんにこの話題を振ってみました。
「そうそう、みんな良く使ってるよね、"selfie"。 この言葉、誰が使い始めたのか知ってる?  酔っ払ったオーストラリア人っていう話だよ。本当かどうか知らないけど、"selfie" って、オーストラリア人が言いそうだよね」

とのコメント。


英語ネイティブではない私にとって、オーストラリア人が言いそうと言われても、ピンと来ません。
そういうものなんでしょうか。

今日は、オーストラリア人のお客様だったので、聞いてみました。

「オーストラリア人が言い始めたって? それはどうか知らないけど、確かに、"イー"とか"オウ"とかよく末尾につけるわね。 例えば、"John"(ジョン)って言う名前だと、親しい友人は、"Johnow"(ジョノウ)って呼ぶのよ」

そういえば、オーストラリア人のことを、オージー、とも言いますね。


ネットで探してみたら、それらしい記事がありました。
The Telegraph (英文)

どうやら、最初にネット上に現れたのは2002年のようです。


酔っ払ってつまづき、顔から地面に倒れた人が、自分の顔の怪我を写真に撮ったようです。
selfie_2738767b

その時のコメントに、 「ピンボケなのはカンベンしてくれ、この写真は"selfie"なんだ」 と書いたのが始まりのようです。


この"selfie"、機会があったら是非使ってみたいと思います。


ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


*****************************************************
「まちタクシー」のインフォメーションprivatetour-kyoto.com
まちタクシーの英語ブログ KYOTO RESTAURANT GUIDE
お問い合わせ・ご予約は、 taka@privatetour-kyoto.com
*****************************************************